ブログ

5つ前の投稿の続きです。

ロミロミを教えてほしい
と言われ続け、
講義を依頼され、

何か私に出来ることはないのかな?
と考えるようになった。

でも私は一度
失敗している。

ロミロミを学び始めた頃、
Kumu(師)に
ハワイアンネームを
求めたことがある。

今思うと浅はか。

名前には
どのように生まれたのか、
先祖がどのような人なのか

そこには伝統があるから。

あらためて
ロミロミが伝統文化であることを
思い知った。

それを教えるなんて。

でも、
私には頼れる仲間がいる。

どう反応されるか
ドキドキしながら
聞いてまわることにした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。